2021年 4月27日

夜10時過ぎ。ゆっくり歩いてバイトへ向かう。空を見上げると月が綺麗だ。でも街灯がやや強くて、少しかすんでしまう。岐阜生まれの僕からすると東京はつくづく月を見るのに向いてない街だなと思う。思えば、上京してから完全な真っ暗闇を歩いたことはないんじゃないか。梶井基次郎『闇の絵巻』ではないが、闇は良い。疲れた時は、自然の真っ暗闇に包まれてみるといい。

 

少し歩くといつも通りすぎる公園にさしかかる。そういえば、と一昨年までよく見かけたカップルの存在をふと思い出す。バイトへ向かう途中やコンビニに向かう途中、その公園でよく情事に及んでいる彼らを目撃した。よく考えると、去年5月から11月の間帰省して、帰ってきてからは1回もみていない気がする。コロナ禍の中なにかあったんだろうか。

 

f:id:osak1_m1d0r1:20210428003801j:image