2021年 5月27日

一限のゼミで、ゼミ生の投票によるゼミ長、副ゼミ長決めがあった。

 

ゼミ長、副ゼミ長にふさわしいと思う人の名前をかいた紙を提出し、指導教員が読み上げていくのだが、S君、Kさん、O君、Nさんとかが選ばれるんだろうなあ、とぼんやり考えてたらあれやこれやといううちに自分の得票が増えてゆき、気づくと副ゼミ長に就任していた。

 

少し話は変わるが、僕は自分から組織のリーダーを積極的にやりたがる人をいまいち信じられない。それは、そこに支配欲や私利私欲を感じてしまうからかもしれないし、リーダーなんてやりたがるいい子ちゃんは嫌いだい!という僕の子供っぽいひねくれなのかもしれない。(そりゃ中には本当に立派な人もいるとおもうけど)。

 

 

自分が持つ「リーダー」という権力性とどう対峙して仕事をしようか。

 

 

 

 

f:id:osak1_m1d0r1:20210528115541j:image