2021年 6月8日

ふくれ面して黙ってるかと思えば

止まらないほどおしゃべりになる

ホールデン・コールフィールドみたいとかなんとか言われて

ゴキゲンになるようなタイプ

 

(ピチカート・ファイヴ「エアプレイン」)

 

中学生のころ国語教師から「『ライ麦畑でつかまえて』の主人公に似てる」といわれ、『ライ麦』を薦められた。小説の登場人物に似てると言われたのははじめてで、よく覚えている。そして先日、指導教員に「なんか山口くんって『カインの末裔』っぽいですよね」と言われた。今度は、ついに小説そのものに似ていると言われた。どういう意味なんだろう。