2021年 7月30日

高瀬隼子『犬のかたちをしているもの』 を読み終えてから、村瀬君と一緒に遠藤さんが出演している演劇を観に梅が丘まで出かけた。「原爆」をメインテーマにした演劇でメッセージ性もあったが、それだけではなくストーリーとしても豊かな構造を持っていて素晴らしいなと思った。

 

観終わったあとに近くのマックに入って教職系科目の課題をギリギリで終わらせ、そのまま一人大学に向かった。大学で武者小路実篤の研究書を2冊返し(返却期限を1日過ぎていた)、また村瀬君と吉祥寺で集合した。在庫が少ないから数週間は取り寄せられないと言われてながらもベースのヘッドホンアンプの注文をし、油そばを食べてから古本屋で本を数冊買って帰った。